元DRY&HEAVYのキーボーディスト外池満広が、ベース河内洋祐(Reggaelation IndependAnce, Kodama and the dub station band )ドラム菅沼雄太と、2016年、満を持して放つ、ルーツレゲエ・ダブに特化したスペシャル・トリオ「The Minimalize」が、詩人でF.I.B JOURNALのヴォーカル、山崎円城をフューチャーした、ダブ・ポエトリー。
http://madoki-yamasaki.org/poetindub

「我が師、Adrian SherwoodはDUBとは何か?の問いに “リズムを分解して構造をミニマライズ=最小化すること” と答えています。Reggae / Dubの本質を追究し、演奏する者としてバンド名にしました。Dub poetは、長年やりたくても出来なかった。Reggaeを乗りこなせる詩人がいなかったから。必要な物の他はすべて削ぎ落す。太いビートのほかには、キラっと光る物がたった一つだけあればいい。マドキ君との出会いに感謝します。」
外池満広 (The Minimalize)